賞状用紙の豆知識

賞状用紙の豆知識

◆賞状用紙の種類について

特選筆耕コース(手書き)と筆耕複写コース・標準印刷コース(印刷)

  • 通常は、枠に金粉付き印刷を施した厚口の用紙が使われることが多いです。厚みがあるため、プリンターでの印刷はできません。当店では、鳳凰枠を箔押しで仕上げた最高級の厚口用紙を使用しています。
    ※B3サイズのみ金粉付印刷(ブロンジ方式)による鳳凰枠用紙です。
  • 最高級の厚口用紙
  • 通常は、プリンターでの印刷が可能な厚さで枠は金印刷や金箔の使用となっています。ケント紙や上質紙が使用されます。当店では、金粉付印刷(ブロンジ方式)による鳳凰枠で金粉の輝きが美しい賞状用紙(ケント紙)を使用しています。
  • 金粉の輝きが美しい賞状用紙(ケント紙)

    特選筆耕コース(手書き)

  • 通常は、枠に金粉付き印刷を施した厚口の用紙が使われることが多いです。厚みがあるため、プリンターでの印刷はできません。当店では、鳳凰枠を箔押しで仕上げた最高級の厚口用紙を使用しています。
  • 最高級の厚口用紙

    標準印刷コース(印刷)

  • 通常は、プリンターでの印刷が可能な厚さで枠は金印刷や金箔の使用となっています。ケント紙や上質紙が使用されます。当店では、金粉付印刷(ブロンジ方式)による鳳凰枠で金粉の輝きが美しい賞状用紙(ケント紙)を使用しています。
  • 金粉の輝きが美しい賞状用紙(ケント紙)

◆賞状用紙の色について

  • 賞状の色には、白色とクリーム色の2種類がございます。
  • 白色
  • 白地に鳳凰枠が真鍮色で印刷されており、団体、個人の競技や研究の賞状などにお勧めです。
  • クリーム色
  • クリーム地に鳳凰枠が赤銅色で印刷されており、表彰状や卒業証書などにお勧めです。
  • 賞状用紙の色について

◆鳳凰枠について

賞状に使われる用紙の中で最もポピュラーなものは、和風の鳳凰枠です。
鳳凰枠には、「雲あり」と「雲なし」の2種類がございます。

  • 雲あり
  • 雲あり
  • 通常は、雲ありの鳳凰枠を使用します。
  • 雲なし
  • 雲なし
  • 雲なしタイプは、ロゴマーク等の挿入によりオリジナル賞状を作成できます。
  • 横長(縦書き用)
  • 横長(縦書き用)
  • 通常は、ヨコ(縦書き)が使われることが多いです。
  • 縦長(横書き用)
  • 縦長(横書き用)
  • タテ(横書き用)は、表彰状や修了証として使われることが多いです。

◆洋柄枠について

  • 英語での賞状を作成したい場合や、いつもとは一味違った賞状を作成したい場合には、洋柄の賞状枠がおすすめです。
  • 洋柄枠

◆寸法について

  • 賞状用紙の寸法には、規格によって様々なサイズがあります。
  • JIS規格のA・Bサイズとは異なりますので、ご注意ください。

(単位:mm)

規格名 サイズ※
五七 約 212×152
六八 約 242×182
OA-B5 約 257×182
B5 約 264×185
七九/A4小 約 273×212
位記※1 約 304×224
位記※2 約 297×213
OA-A4 約 297×210
尺八/八つ切 約 303×242
尺七 約 306×215
A4/尺七大 約 312×221
百〇三 約 358×255
OA-B4 約 364×257
中賞 約 379×273
太子 約 379×288
八二 約 394×273
規格名 サイズ※
八〇 約 379×294
OA-A3 約 420×297
七五 約 424×303
中衣 約 424×333
六七 約 436×306
大賞/A3 約 439×318
A-3大 約 454×318
八号/六二 約 455×333
五市 約 509×358
大衣 約 509×394
褒賞 約 517×367
四市 約 545×394
勲記 約 595×420
三三 約 606×455
大全紙 約 727×545
- -
  • ※メーカーにより多少の規格差異があるようです。
  • ◎当店で使用している賞状用紙を上記の表にあてはめると、次のようになります。
    • B3・・・532×390mm → 四市
    • A3・・・436×306mm → 六七
    • B4・・・390×266mm → 八二
    • A4・・・306×218mm → 尺七
    • B5・・・266×195mm → B5

◆額縁など賞状用品の選び方

  • 額縁やホルダー等を選ぶ際には、上記の賞状サイズをご確認いただき、対応サイズにご注意ください。
  • 賞状額縁は、通常、上記の賞状サイズのものが販売されています。
  • 賞状が額縁より少し小さい(10mm程度)場合には、かかり※により隠れるため問題ありません。
  • ※かかり:額縁のガラスが落ちないようにするための枠で、通常5~8mm。

賞状のサイズとかかり部分の図解

  • ※当店では額縁は賞状サイズではなくJIS規格(一般的なコピー用紙と同じ)サイズでご用意しています。
  • JIS規格サイズは賞状用紙より数ミリ単位で小さいため、額縁をご注文いただいた際は、額縁におさまるよう賞状をわずかに裁断してお届けします。
  • ★賞状が額縁より小さい場合
  • そのまま入れると、額縁内で賞状の位置がズレてきてしまいます。
  • 額縁の裏板や、額サイズと同じサイズの用紙に賞状をテープ等で
  • 固定するのがおすすめです。

賞状が額縁より小さい場合のポイント