創業28年、17万3,000社以上の企業さま、
126万人以上のお客さまとの業界最大級の取引実績。

【完全データ入稿コース】で注文する

完全データ入稿コース

お客様が作成されたデータをそのまま、シール・ラベルにできます!
入稿データの受付は、Adobe illustratorAdobe PhotoshopCanvaに対応しております。
ご注文は簡単!入稿データを作成後、フォームに沿って必要内容を、入力・選択するだけです。

STEP1 注意事項に沿ってデザインデータを作成、STEP2 シールの仕様・印刷内容を入力、STEP3 14時までのご入稿で最短翌日出荷

データに不具合がある場合、納期は延長されます。
あらかじめご了承ください

完全データ入稿で注文する

入力・選択するだけ!その場ですぐわかる!かんたん自動見積り

▼必ず、以下の注意事項をご確認ください▼

デザインの基礎知識

機械の性能上、シールをカットする際に最大で0.5㎜程度のカットのズレが発生する場合がございます。あらかじめズレを想定した内容でデザインを作成することをお勧めいたします。

  • CMYK フルカラー対応
  • 最小サイズ 5mm×10mm
  • 最大サイズ 183mm×270mm
  • 最小フォントサイズ 6pt
  • 線の太さ 0.3pt以上
フチなしデザインの場合 フチありデザインの場合
  • Adobe illustrator
    データ作成ガイド

  • Adobe Photoshop
    データ作成ガイド

  • Canva
    (無料版)
    データ作成ガイド

Adobe illustrator
データ作成ガイド

シール・ラベルのデータについて

  • シール・ラベルのデータは、印刷するオブジェクトのほかに、カットラインが必要です。レイヤーの一番上に、カットするラインのパスを作成してください。
    ※カットラインの線の色は黒、または白で作成してください。
    ※カットラインは印刷されません。
  • カットラインにオブジェクトがかかる場合、内側、外側(塗足し)共に、2㎜以上になるように作成してください。

ドキュメントカラーとシール・ラベルのデータの色について

  • ドキュメントはCMYKカラーで制作してください。
  • シール・ラベル作成に使用する色数は自由です、フルカラー(CMYK)で作成してください。
    ※DICやPantone指定で作られたデータも、CMYKに変換して印刷されるため、実際の見本とは異なる色になりますのでご注意ください。
  • 当店は白インクには対応しておりません。データ上の白い部分はシールの材質の色になります。クラフト、金、銀、透明PETをご利用の際はご注意ください。

配置画像について

  • リンク画像の解像度は実寸で350dpi以上をオススメします。350dpi以下の場合は、画像が粗くなる可能性があります。
  • リンク画像は必ず埋め込み処理を行ってからご入稿ください。

フォントについて

  • ナンバリングも含め、フォントは必ずアウトライン処理を行ってください。[書式]→[アウトラインを作成]
  • リンク画像は必ず埋め込み処理を行ってからご入稿ください。

イラストレーターデータの保存形式

  • 保存形式はAI、EPSでお願いいたします。
  • バージョンはCS2以上、CC以下でお願いいたします。
  • なお、安全にご入稿していただくため、データを圧縮することをオススメします。

入稿方法について

  • 当店サイトの注文フォームにあるデータアップロード欄で「ファイルを選択」をクリックし、完成した入稿用データを選択してご注文を完了させてください。

Adobe Photoshop
データ作成ガイド

新規ファイルの設定

  • サイズについて:カットラインにオブジェクトがかかる場合は、仕上がりのサイズに周囲2㎜を足したサイズを入力してください。
    ※30㎜×30㎜のシールの場合、34㎜×34㎜を入力。
  • 解像度について:350dpi以上で作成してください。
  • カラーモードについて:CMYK、グレースケール、モノクロ2階調のいずれかで作成してください。
  • 当店は白インクには対応しておりません。データ上の白い部分はシールの材質の色になります。
    ※クラフト、金、銀、透明PETをご利用の際はご注意ください。

シール・ラベルのデータについて

  • シール・ラベルのデータは、印刷するオブジェクトのほかに、カットラインが必要です。必ずデザインとは別にカットラインのデータを作成してください。
  • カットラインにオブジェクトがかかる場合、内側、外側(塗足し)共に、2㎜以上になるように作成してください。

カットラインの作成方法

  • 工程上、シールをカットするにはIllustratorの線のデータを用います。
  • Photoshopで作成する際には、カットラインはパスを描いたり、デザインするレイヤーとは別のレイヤー(カットライン専用レイヤー)に分けてピクセルを描くなどIllustratorへ取り込める状態にしてください。

レイヤーについて

  • 作業中に作成したレイヤーは全て結合してから、ご入稿ください。
  • カットパスのレイヤーがある場合は、それ以外のレイヤーだけで結合してください。

フォトショップデータの保存形式

  • 保存形式はPSDでお願いいたします
  • バージョンはCS2以上、CC以下でお願いいたします。
  • なお、安全にご入稿していただくため、データを圧縮することをオススメします。

入稿方法について

  • 当店サイトの注文フォームにあるデータアップロード欄で「ファイルを選択」をクリックし、完成した入稿用データを選択してご注文を完了させてください。

Canva(無料版)
データ作成ガイド

デザイン用アートボードの
作成について

  • 画面右上の「デザインを作成」をクリックし、「カスタムサイズ」を選択します。
  • 単位は「mm」を選択。
  • 幅・高さの入力欄に希望仕上がりサイズ+4mmの数値を入力します。
    ※希望仕上がりサイズが35mm×35mmの場合は、幅:39、高さ:39と入力。

(注意)
無料版は新規デザインアートボードを作成した後のサイズ変更ができません。
入稿用データ作成を開始される前に、正しいサイズ設定ができているかご確認ください。
サイズは左上の「ファイル」から確認できます。

入稿用データについて

  • 当店でのCanva入稿は、「ページの複製」機能を使用して、仕上がり見本用データ印刷用デザインデータの2つ入稿していただく必要があります。
  • 仕上がり見本用データ(左図上)にカットラインを入れてください。また、ナンバリングが必要な場合もこちらの見本用データに入れておいてください。
    ※カットラインからオブジェクトまでは、最低1㎜以上離してください。
カットラインの作成方法の手順はこちら▼ ナンバリングがある場合のデータ作成方法について▼

【ページの複製方法】
アートボードの右上にある「ページを複製」をクリックしてデザイン作成済みのデータを複製します。

※まず、カットラインが入った「仕上がり見本データ」を先に作成し、そのデータを複製して「印刷用デザインデータ」を作成すると効率よく作成できます。

カットラインの作成方法の手順

  • デザインデータが完成したら、まずは、仕上がり見本用データにカットラインを作成します。
  • 「素材」を選択し、「図形」の中からカットラインの図形を選択します。
当店で取り扱うシールのサイズと形についてはこちら▶
  • 「配置」の「詳細」の幅と高さに仕上がりサイズを入力します。
    ※+4mmにした数値ではなく、希望する実際のサイズをご入力ください。
  • 「ページに合わせる」にある2つの「中央揃え」をそれぞれクリックして図形をアートボードの中央に移動させます。
  • 図形の塗りカラーを「カラーなし」にします。
  • 図形に罫線を付け、太さを0.3、カラーを黒色にします。
  • ➡仕上がり見本用データのカットラインが作成されました
  • 「ページの複製」で2ページ目を作成します。
    ※この2ページ目が「印刷用デザインデータ」になります。
  • 複製したページ(2ページ目)にあるカットラインを白色にします。
  • カットラインを選択したまま「配置」をクリックします。
  • 「レイヤー」の「最背面へ」をクリックし、カットラインを最背面へ移動します。
  • ➡印刷用デザインデータができあがりました。

仕上がり線に鋭角な部分がある場合はカット不備につながるため角に丸みをつけてください。

※「角の丸み」の数値は「5」以上の数値をご入力ください。

ナンバリングがある場合のデータ作成方法について

  • ナンバリングをご希望の場合は、仕上がり見本用データ(黒色のカットラインが見えている1ページ目)に見本の数字をご記載ください。
当店で使用できるフォントについてはこちら▶

入稿用データのファイルの
書き出しについて

  • 画面右上の「共有」から「ダウンロード」へ進みます。
  • ファイルの種類は「PDF(印刷)」を選択。
  • ページを選択は「すべてのページ(2)」を選択。
  • 「ダウンロード」ボタンをクリックします。
    ※Canva(無料版)でダウンロードできるpdfファイルのカラーモードはRGBカラーです。
    印刷はCMYKカラーが用いられるためRGBのデータを印刷する場合は、
    多少色がくすんだ仕上がりになる可能性があることを予めご了承ください。

入稿方法について

  • 当店サイトの注文フォームにあるデータアップロード欄で「ファイルを選択」をクリックし、完成した入稿用データを選択してご注文を完了させてください。
  • なお、安全にご入稿していただくため、データを圧縮することをオススメします。

ページの先頭に戻る▲